原因を突き止め的確に治療する|犬の皮膚病について

ウーマン
このエントリーをはてなブックマークに追加

ペットのしつけのために

犬と手

犬のしつけは、飼い主と近所の方など周囲の安全を守るために行うことが目的であり、飼い主が行う義務なのです。また、犬のしつけを行う際の大切なポイントは根気強さであり、犬の特徴をしっかり理解し、飽きさせないような工夫をすることが大切です。

もっと読む

健康な子犬を手に入れる

チワワ

チワワなどの小型犬の子犬を購入したいのであれば、ペットショップより専門のブリーダーにコンタクトするべきです。ペットショップにおける子犬や子猫の飼育管理よりも、ブリーダーの下の管理の方が万全と言えるためです。

もっと読む

ペットの皮膚の病気

ドクターとドッグ

早めに動物病院へ行く事

犬の皮膚病は、動物病院で診察してもらう必要がある病気の中で最も多いといわれます。他の病気と比べて軽く考える傾向がある病気ですが、放置することで他の病気にかかってしまう可能性もあります。例えば、苔癬化症候群と呼ばれる病気になると治るのに相当な日数がかかることになります。 そして見た目にもよくありませんので、犬の異変に気づいたらすぐに動物病院に行って診てもらった方が良いでしょう。 犬が皮膚病にかかってしまう原因については様々な要素が考えられており、対処法も様々です。皮膚に細菌が感染して炎症を引き起こしたり、カビが原因となって炎症を引き起こすこともあります。また、ノミなどが寄生して血を吸ったりアレルギー体質が原因となって皮膚病になることも多くあります。

アトピーにかかる種類

皮膚病にかかりやすい犬種がありますので、該当する場合には気を付けておくと良いでしょう。該当する犬種としてはスコティッシュテリアやブルドッグ、ラブラドールレトリバーなどが挙げられます。主に、欧米の犬種に皮膚病にかかりやすい傾向がみられますが、日本原産の秋田犬なども皮膚病にかかりやすいため注意します。 それから、皮膚病にかかってしまいやすいアレルギー体質かどうかが分かる目安となる年齢があります。アトピー性皮膚炎の場合には、生後6ヶ月程度の子犬の年齢から5歳くらいまでの比較的若い年齢に発症する傾向があります。判断は難しいですが、こうした点を考慮して、日ごろの犬の健康に気を遣っておくようにすることが飼い主に求められます。

おすすめ関連サイト

  • 犬の病気調査ラボ〜愛犬の健康のために〜

    利用者から評判を受けています。犬の皮膚病でお困りなら高い効果が期待できるサプリメントを与えちゃいましょう!

病院を選ぶ

猫と聴診器

千葉県には773件の動物病院があり、特色ある病院も豊富です。このような中で、治療や飼い主とのコミュニケーションに力を入れている病院を選択することは、大変重要です。なお、犬猫以外のペットを飼っている方は、千葉県獣医師会のホームページを確認しましょう。診療対象となる病院を手軽に確認できます。

もっと読む