原因を突き止め的確に治療する|犬の皮膚病について

トイプードル
このエントリーをはてなブックマークに追加

健康な子犬を手に入れる

チワワ

ペットのいないショップ

最近、ペットを展示していないペットショップが話題を呼んでいます。ペットショップと言えば、可愛い子犬や子猫が展示されているのが普通ですが、それが全くないのです。その代わりに、犬種ごとにブリーダーを紹介するシステムを採用しているのです。チワワなどの小型犬は、お店での健康管理が難しいため、ブリーダーの下で飼育されている個体の方が優良とされています。もし、あなたがチワワの子犬を希望するのであれば、ブリーダーハウスに直接出向いて、子犬の買取を交渉することになります。チワワ専門のブリーダーであれば、良い個体を手に入れる手ほどきをしてくれます。また、飼育管理が徹底しているので、病気に強い子犬を手に入れられるのです。

販売制限の完全実施

それでは、なぜペットショップよりもブリーダーからペットを購入する方が安全なのでしょうか。それは、飼育環境の整備のレベルの違いでもあります。現在の法律では、子犬や子猫は、生後56日間は親から離してはならないことになっています。そして、残念ながら、多くのペットショップで生後56日以内の個体を扱っているのです。このような販売方法では、ペットの成長にも悪影響があります。チワワのような小型犬であれば、その影響は益々大きいものになります。ブリーダーの下で管理された個体の方が優れているのは、当然と言えます。子犬や子猫を入手するのであれば、信用のおけるブリーダーさんと契約するのが一番です。適正な飼育管理をしているブリーダーさんであれば、あらゆるペットの飼育の疑問に答えてくれます。